つみたてレバレッジ運用状況 2021/2/28

つみたてレバレッジ

先日から「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の積立を始めたことを報告しましたが、思いのほかこの始めたばかりの弱小ブログにも「iFreeレバレッジ NASDAQ100」を検索してこられる方がいるため、単独で収支報告することにしました。

つみたてレバレッジ運用方針

  • レバレッジ商品のリスクをよりマイルドにするため、積立方法をマネックス証券の「毎日積立」とする。
  • とりあえず1日500円×20営業日≒月10,000円程度の積立を基本とし、下落基調の時には1日1,500円くらいまでは増額するかも。スポット購入もすると思います。
  • 必ず積立を継続すること。(休止期間を作らない。)

つみたてレバレッジ運用状況 2021/2/28

保有商品評価額評価損益評価損益率
iFreeレバレッジ NASDAQ10021,086円-1,914円-8.32%
iFree NEXT NASDAQ100インデックス23,955円-1,045円-4.18%
NZAM・ベータ NASDAQ10019,020円-480円-2.46%

レバレッジと通常のインデックスの状況を比較できるように「iFree NASDAQ100インデックス」と「NZAM・ベータ NASDAQ100」も購入していますが、もしかしたらこの2商品はそのうち購入をやめるかもしれません。

総評

米10年国債利回りの急騰を受け、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が大幅に下落している状況ということで、出だしからマイナスをくらっています。そしてやっぱりレバレッジ商品である「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は下落がきつい!当たり前ですが。

ただ、こういう下落基調の状況でも冷静に「チャンス!積立額ふやすかな…。」と冷静に投資を続けられるのが積立投資の良いところ。

レバレッジ投資信託がどういった結果を生んでいくのか、気になっている方がたくさんいると思うので、身をもって実践します!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました