国内個別株式運用方針

個別株式(日本)

国内株式だけは個別株を運用する理由

基本的には神通力など持っていない、皆様と同じごく普通の凡人ですので、インデックス投資&ドルコスト平均法で積み立て投資をした方がリスクも低く、長期的にはパフォーマンスも良い可能性は高いです。
それくらい投資の才能は凡人だと思っています。

しなしながら、なぜ日本株だけは投資信託やETFだけではなく個別株を買うのか?というと、「ほら、やっぱりつまらないじゃない?インデックス投資だけだと。」という理由と、「投資家なんだからせめて国内個別株くらいいじりたいよね。」といういらないプライドのため。

あと少し真面目なことを言うと、個別株を意識することによって「投資への興味がなくならない」ようにするため。
やっぱり投資信託の積立だけだとやることが無さ過ぎて「考える」ことを忘れてしまう。
投資への興味を維持しつつ、楽しみながらやらないと続かないとね。

運用方針

・できるだけ中位株以下で。
・できるだけ業種を分散したい。
・ややバリュー株が好き。
・やや高配当株が好き。

以上が国内個別株式の運用方針。10年近く投資家していますが、才能はないと思っているので、できるだけ業種などは偏らず、まんべんなく購入していければ良いかと。
資金力に乏しいため、身動きが取り辛くなりがちな値嵩株だけは避けています。
あとは、やや割安株が好みなので、「この株安い!」と思って購入後、うんともすんともいわないパターンはありがち。
たまにボロ株ドリーム銘柄に手が出てしまうことも…。
売るに売れない塩漬けとなっても配当さえあれば持ち続ける意味がある(と言い聞かせられる)ため、配当は高めの方が好ましい。

結局「どの株が上がるかなんてわからないから無理のない程度に幅広く買っとけ!」ということです。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました