民法>総則>時効

時効とは

時効とは、ある事実状態が一定期間継続した場合、真実の権利関係に関わらず、その事実状態に即した権利関係を認めようとする制度。時効には、取得時効消滅時効がある。

取得時効

時効の完成によって、権利の取得を主張すること。他人の物を一定期間占有することにより所有権、または所有権以外の財産権を取得する制度。

時効の完成とは、一定の事実状態が一定の期間継続すること。

長期取得時効

20年間所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。(162条1項)

  • 悪意または有過失の場合は20年間の占有が必要。
  • 所有の意思(自己に所有権を帰属させる意思をもってする占有)をもってする占有を自主占有、その逆を他主占有という。他主占有とは賃借人や地上権者などをいう。
賃貸は「所有の意思」が無いため、時効は認められない。
  • 平穏、かつ、公然とは、暴行や脅迫など法律上許されない行為をすることなく、秘匿しないこと。
  • 他人の物と規定しているが、判例では自己の物の取得時効も認めている。
自己の物の取得時効が認められるは、不動産の二重譲渡が挙げられる。AがBに不動産を売却した後、Bは登記をしないで占有していたが、AがCにその不動産を売却してしまった場合でも、Bは10年間その不動産を占有し続けていれば、取得時効により自己の所有物に対して完全な所有権を得ることができる。(最判昭42.7.21)

短期取得時効

10年間所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

  • 善意かつ無過失の場合、10年間の占有で所有権を取得できる。
  • 善意は186条1項にて推定されるが、無過失は推定されないため、所得時効を主張する者が自身で無過失を証明する必要がある。(最判昭46.11.11)

占有の継承

時効の進行中、譲渡などにより占有者が変わった場合、占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。(187条1項)ただし、前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。(187条2項)

また、善意・無過失最初の占有者の占有開始時点で判定されるため、その後の継承人が悪意または有過失であったとしても、短期取得時効を主張することができる。(最判昭53.3.6)

所有権以外の財産権の取得時効

所有権以外の財産権を、自己のためにする意思をもって、平穏に、かつ、公然と行使する者は、前条の区別に従い20年(悪意または有過失の場合)又は10年(善意・無過失の場合)を経過した後、その権利を取得する。(163条)

所有権以外の財産権とは、質権地上権永小作権地役権土地賃借権など。
債権は原則、取得時効になじまないとされているが、土地賃借権については、土地の継続的な用益という外形的事実が存在し、かつそれが賃借の意思に基づくことが客観的に表現されているとき、土地賃借権の時効取得があり得るとされている。(最判昭43.10.8)

消滅時効

時効の完成によって、権利の消滅を主張すること。一定期間権利を行使しないことにより、権利を消滅させる制度。

時効に類似する制度として除斥期間【じょせききかん】がある。消滅時効とは異なり、更新や時効の援用がなくても、一定期間内権利を行使しないと、当然に権利が消滅するというもの。
債権の消滅時効の起算点は、主観的なものと客観的なものに分類できる。

主観的起算点と時効期間

債権者が権利を行使することができることを知った時(主観的起算点)から5年間行使しないとき。(166条1項1号)

客観的起算点と時効期間

権利を行使することができる時(客観的起算点)から10年間行使しないとき。(166条1項2号)

人の生命または身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効

人の生命または身体の侵害による債務不履行の損害賠償請求権の消滅時効については、客観的起算点からの時効期間が20年間に延長される。(167条)

主観的起算点客観的起算点
原則5年10年
人の生命または身体の障害による場合5年20年

消滅時効の客観的起算点

確定期限付債権期限が到来した時
不確定期限付債権期限が到来した時
期限の定めのない債権債権が成立した時
停止条件付債権条件が成就した時
債務不履行による損害賠償請求権本来の債務の履行を請求できる時
不当利得返還請求権債権成立時

判決で確定した権利の消滅時効

確定判決又は確定判決と同一の効力を有するものによって確定した権利については、10年より短い時効期間の定めがあるものであっても、その時効期間は、10年とする。(169条1項)

時効の効力

時効の効力は、その起算日(時効期間の最初の日)にさかのぼる。(遡及効【そきゅうこう】:144条)

取得時効消滅時効
起算日である占有開始時、又は財産権の行使を開始した時に所有権などが取得されたことになる。起算日である権利を行使することができることを知った時(主観的起算点)、又は権利を行使することができる時(客観的起算点)に債権が存在しなかったことになる。
時効に遡及効が認められているのは、起算日から時効が完成するまでの法律関係を簡明に処理するため。
時効の効力は起算日にさかのぼるので、時効取得した場合、占有開始時から所有者であったことになる。所有権を継承するのではなく、原始取得したことになる。
原始取得とは、他者から譲り受けて取得するのではなく新しく発生した権利を取得すること。

時効の援用

時効の援用とは、時効の利益を受ける旨を意思表示すること。

時効は、当事者(消滅時効にあっては、保証人、物上保証人、第三者取得者その他権利の消滅について正当な利益を有する者を含む。)が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。(145条)

時効の援用して利益を享受するかどうかは個人の意思に委ねられており、時効の利益を受ける者の意思を尊重する趣旨。

時効の援用権者

時効の援用が「肯定された例」と「否定された例」は以下のものがあります。

取得時効の場合

援用が肯定された例援用が否定された例
被相続人の占有により取得時効が完成した場合において,その共同相続人の1人は,自己の相続分の限度においてのみ取得時効を援用することができる。(最判平13.7.1)建物賃借人は、建物賃貸人による敷地所有権の取得時効を援用することはできない。(最判昭44.7.15)

消滅時効の場合

援用が肯定された場合援用が否定された場合
  • 当事者
  • 保証人・連帯保証人
  • 物上保証人
  • 第三取得者
  • 詐害行為(さがいこうい)の受益者(最判平10.6.22)
後順位抵当権者は、先順位抵当権者の被担保債権の消滅時効を援用できない。(最判平11.10.21)

時効利益の放棄

時効利益の放棄とは、時効完成後の時効の利益を享受しない旨を意思表示すること。

時効の完成に、時効の利益はあらかじめ放棄することができない。(146条)

時効の利益をあらかじめ放棄することができるとすると、債権者が債務者にあらかじめ時効の利益を放棄することを強制する恐れがあるため、時効の完成前は時効の利益を放棄できない。
これに対し、時効の完成に時効の利益を放棄することは認められる
時効完成後の放棄には、時効完成前のような恐れが考えられないため、むしろ時効の利益を潔しとしない意思を尊重すべきという理由。
また、時効の放棄は、放棄した者についてのみ効果を生じる。(相対効
例えば、債務者本人が時効の利益を放棄した場合、保証人に対しては効力を生じない(大判大5.12.25)ので、債務者本人が時効利益を放棄した場合でも、保証人は時効の援用をすることができる。
相対効とは、連帯債務についてはそれぞれ独立していると考え、連帯債務者の1人について生じた事由は他の債務者に影響を及ぼさないこと。⇔絶対効
なお、時効完成後に、債務者が時効の完成を知らずに債務の承認をした場合は、「債務者はもはや時効の援用をしない」と考える債権者を保護するため、信義則(1条2項)を理由に時効の援用は認められない。(最判昭41.4.20)

時効の完成猶予・更新

時効の完成猶予とは、時効期間を進行させることが妥当ではない一定事由がある場合に、時効の完成を猶予する(完成を遅らせる)ことをいう。

時効の更新とは、時効の進行が一定の事由により無意味になり、新たに(ゼロから)時効が進行を開始すること。

時効の完成猶予・更新は、当事者または承継人の間においてのみ効力を有する(153条1項)→相対効
事由完成猶予更新
裁判上の請求事由終了まで完成猶予後、裁判等により権利が確定した場合更新
強制執行事由終了まで強制執行が終了した後に債権が残っている場合更新
仮差押え・仮処分事由終了から6ヵ月経過まで(149条)ーーーーーーーーーーーーー
催告催告から6ヵ月経過までーーーーーーーーーーーーー
承認ーーーーーーーーーーー承認(認める)すれば更新
協議を行う旨の合意(151条)合意があった時から1年経過までーーーーーーーーーーーーー
未成年・成年被後見人(158条)行為能力者になった時、又は法定代理人が就職した時から6ヵ月ーーーーーーーーーーーーー
夫婦間の権利(159条)婚姻の解消の時から6ヵ月ーーーーーーーーーーーーー
相続財産(160条)相続人が確定した時、管理人が選任された時、又は破産手続開始の決定があった時から6ヵ月ーーーーーーーーーーーーー
天災(161条)天災その他、避けることができない事変による障害が消滅した時から3か月ーーーーーーーーーーーーー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました