2022年度投資目標

投資目標

2022年の展望

オミクロン株の報道が続いていますが、感染力が強いものの、毒性は弱いということで、それほど恐れる必要はないといったニュアンスと判断しており、これまでのような展開にはならないのではないかと予想されます。

これまで続いてきた未曽有のウイルス、新型コロナウイルスの感染状況は最終局面に差し掛かっていると思います…というかそうであってほしい…、というかもういいだろ。いつもまでやっとんねん。

テーパリングや利上げが確定的であるため、2022年は2021年ほど簡単な相場ではないというのが既定路線ですが、利上げができるということは経済は順調ということの裏返しなわけで、ボラティリティは大きくなるものの、調整時は仕込み場だと考えて行動していくつもりです。

運用方針

2021年は米国を含む先進国、新興国、日本と全世界的な投資していこうと考えていましたが、現在は日本株の投資信託および個別株はすべて売却し、新興国株も新たに資金を振る予定はありません。

逆張り的な思考で株式取引をしてきた過去があり、それなりの成功体験があるため、日本株や新興国株(特に中国株)は「そろそろ買ってもええんやないかい!」という思いもありますが、そこに資金を振り分けるのであれば、余計はことは考えずに安定の米国株に振っておくべきだと強く感じた2021年でしたので、米国以外の世界経済への分散に対しては優先順位を高めることなく、米国株中心への投資を継続していきます。

米国株の中では様々なETFを購入していきたいとは思っていますので、米国株式市場内での分散は利かせていこうとは思ています。

それから米国株であっても、個別株の購入予定はありません。(個別株は総資産2000万円くらいになったら趣味で始める予定。)

米国市場の代表的指数に連動した投資信託およびETFの購入がコアで、サテライトにセクター別のETFや投資信託を購入していきます。

米国債券や金はもう少し保有比率増やすかも。

NISA枠

NISA枠についてですが、2021年はつみたてNISAを選択していましたが、2021年は一般NISAに戻しました。

ぎりぎりまで迷いましたが、2024年の新NISAが始まるまでの2年間は大和レバナスか楽天レバナス中心で120万円の枠を埋めていくことにします。

新NISAではレバレッジ商品に投資できなくなるようですし、レバレッジ商品のロールオーバーも不可のようですので、今後2年間がNISA枠でレバレッジ商品を購入できるチャンスということで決めました。

レバナスレバナス言っているど素人みたいな結論になってしまいましたが、NASDAQ100が株式市場を牽引していくのは間違いないと思っていますし、この状況は今後も長らく変わらないと思います。

レバナスは2倍のレバレッジがかかっている商品のため、否定される方も多いですが、私はややオフェンス力の強い万能型の投資信託だと判断しています。

NASDAQ100インデックス+2倍レバレッジという安定と成長、リターンを兼ね備えたレバナスに2年間の一般NISA枠を託します。

目標金額のシミュレーション

2021年の目標が、月6万円の投資および年率10%で資産総額5,350,000円ということでしたが、最終結果はなんと800万円。(最終評価額はマネックス証券が1月3日までメンテナンスということで正確な数字がわかりませんがおおよそ800万円ということで…)

なんだかんだ言って毎月の投資金額が10万円を超えていたんじゃないか、といった疑惑や、途中生命保険の解約で戻ってきた100万をぶち込んだ経緯もありますが、想定していた以上の結果となりました。

仕事量に見合わない安月給の中でどうやって毎月10万円を超える資金を捻出できていたのかは、自分でもよくわかりませんが、とにかく毎月カツカツの中で投資資金を捻出してきた自分を褒めてあげたいです。

2022年の目標については、投資額毎月10万円(一般NISA5万円+個人型確定拠出年金2.3万円+その他2.2万円)、年率10%での運用で10,094,262円を目指します。

アセットマネジメントOneで作成

まずは1千万を目指します!

いや、ちょっとまてよ。一般NISA枠が年間120万円ということは、毎月10万を埋めていかないと120万に届かないわけだから、毎月一般NISA10万円+個人型確定拠出年金2.3万円ということで少なくとも12.3万円の投資額が必要なわけで、計算変わってくるけど、まぁとにかく1千万円を目指すということでいいか。

というか、毎月12.3万円の投資額なんて捻出できるか??ま、いいか、頑張ります!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました